■国債〜国が発行する債券〜



  ここからは色々な債券について個別に見ていきたいと思います。

  様々な債券の中で個人投資家にもっとも広く認知されているのが国が
  発行する国債だと思います。国債は昨今は銀行や証券会社などの窓口で
  個人向け国債としても取り扱われており、正確には国庫債券といいます。

  国債の特徴としてはまずその発行体の信用力です。元利金の支払いを
  国が保証しているため、常に倒産リスクのある民間企業が発行する社債
  などと比較した場合に最も信用度の高い債券であると言えます。

  国債の発行量は直近のデータで10年利付国債の総額で毎月2兆円近くが
  発行されています。5年利付国債はほぼ同じクラスの規模で2.1兆円が
  発行されており発行量ベースでは10年利付国債をやや上回るレベルに
  なっています。

  次に国債がどれくらい儲かるのかというのを考えてみます。つまり国債
  の利払いに関してですが国債には発行時に一定のクーポンがついている
  利付国債とクーポンのつかない割引国債があります。

  利付国債の方が一般的に知られており年に2回利息が支払われます。
  クーポンのつかない割引国債は「債券を分類してみよう」の箇所でも
  解説した通り額面を下回る価格で発行され償還時には額面価格で
  償還されます。

■本サイト人気コンテンツ<個人投資家に大人気!「国債」を考える>


  ★ 国債はなぜ買われているの?
  ★ 国債の利率は??
  ★ 国債はどんな種類がある??
  ★ ○○の国債は破綻した!!