■地方債の発行方法



  国債の発行方法は理解できましたか?ここでは国債に続いて
  地方債の発行についてです。地方債の発行方法はシンジケート団
  による引き受けと直接発行の2つに分類されます。

  まずはシンジケート団の引受についてですが、社債の発行体
  ごとに引受シンジケート団が結成され引受及び募集の取り扱い
  が行われます。

  従来の公募地方債は発行体ごとに違いのない統一された条件に
  より決定されていましたが、バブル崩壊以降は地方財政の悪化
  に伴い地方債の発行市場と流通市場における利回り格差が大きく
  なってきたことなどから発行方法が見直され2002年からは東京都
  とその他の団体の2つに分けて発行条件を決定する2テーブル方式
  が導入されました。

  次に直接発行についてですが非公募地方債(銀行等の引受債)は
  引き受け主体である特定の市中金融機関等が自治体から直接
  地方債を引き受けます。発行条件は当事者同士の交渉で決まります。

  以上が地方債の発行に関する話です。前ページの国債の発行方法
  のテーマと併せてしっかり理解されて下さいね!

■本サイト人気コンテンツ<個人投資家に大人気!「国債」を考える>


  ★ 国債はなぜ買われているの?
  ★ 国債の利率は??
  ★ 国債はどんな種類がある??
  ★ ○○の国債は破綻した!!